トライフォース柔術アカデミー横浜blog

JR横浜駅徒歩五分のブラジリアン柔術専門道場、トライフォース横浜のブログです。只今、秋の入会金無料キャンペーン実施中!!

グレイシー的。

トライフォース横浜のホームページはこちらです。
http://www.tf-yokohama.com/

2016年12月にオープンした新しい道場です。
新規会員募集中!!

お問い合わせはこちらから
http://tf-yokohama.com/contact/
045-620-3202
お気軽にご連絡下さい。

 

 

何故だか画像が全く投稿出来なくなってしまったので

文章のみで本日はお届けしようと思います。

 

今日の夜のクラスはマウントポジションからのアタックでした。

 

参加メンバーが全員白帯の会員さんだったので

色々な話を交えながら説明をしていたのですが、

マウントからの打撃の話になった時

「昔、初期のグレイシー柔術はマウントから打撃を入れて

嫌がった相手が亀になるというミスを犯したら、

リアネイキッドチョークで締め落として勝っていた」

という話になりました。

 

形は違えど、競技柔術でもこの考え方は似ているように思います。

 

つまり、マウントポジションを取った側の人間は

アタックをかけながら相手のミスを待ち続けて

最終的に一本を取ればいいのであって

焦って積極的に一本を取りに行く必要がないのが原則である、という事です。

 

マウントを取った側はユックリと、

確実に一つ一つ詰めて行って最終的に一本を狙う。

反対に取られた側はなるべくミスを犯さず、

一本を取られるリスクを出来るだけ最小限にしてエスケープを仕掛ける。

 

文書にすると物凄く当たり前ですが、

初心者は常に全力で暴れてしまうので

中々思ったように攻められていないように感じます。

 

マウントポジションを取ったら、

まずは「落ち着いて」攻めてみましょう。


 伊藤 英元

トライフォース横浜のクラススケジュールはこちらから。
http://www.tf-yokohama.com/#schedule
道場への道順はこちらを参考にしてみて下さい。
http://tf-yokohama.com/access/
無料体験についてこちらを参考にしてみて下さい。
http://triforceyokohama.hatenablog.com/entry/2016/12/13/154430