トライフォース柔術アカデミー横浜blog

JR横浜駅徒歩五分のブラジリアン柔術専門道場、トライフォース横浜のブログです。只今、秋の入会金無料キャンペーン実施中!!

気の持ちよう。

JR横浜駅から徒歩5分!!
トライフォース横浜のホームページはこちらです。
http://www.tf-yokohama.com/

 

お問い合わせはこちらから
http://tf-yokohama.com/contact/
045-620-3202
お気軽にご連絡下さい。

 

只今秋の入会金無料キャンペーン実施中!!
http://triforceyokohama.hatenablog.com/entry/2017/10/01/194230
先着残り9名様!!

 

 

圧倒的に強い人とスパーリングをしていると

完全に諦めてしまう人を見かけます。

 

気持ちはとても良く分かるのですが(笑

個人的には勿体無いな、と感じてしまいます。

 

 

完全にパスガードされてしまっている場合はまず

「一本を取られない事」

を最優先にしましょう。

 

勿論、ポジションを失ってしまうのは良くない事ですが

試合がその瞬間で終わってしまう「一本」は絶対に避けなければなりません。

 

 

次にエスケープを狙います。

 

一本を取られないポジションにいることが

エスケープの前提条件になると考えるからです。

 

 

「粘ってもやられてしまうのは結局一緒だから諦める」

というのも1つの考えです。

私も完全にサブミッションの形に入ってしまったら

エスケープを試みて無理ならすぐにタップするようにしています。

 

ただ、マウントやバックなど

圧倒的に不利なだけのポジションでは別です。

必死に逃げ回って一本を取られないようにします。

 

「前回より粘れた・一本を取られなかった」

という事に満足する訳ではないのですが

「コンスタントにやられないようになった」

というのは成長を示す1つの指標だと考えています。

 

f:id:triforceyokohama:20171011211537j:plain

 

以前会員さんに

「先生がやられることってあるんですか?」

と言われましたが、お恥ずかしながらメチャメチャやられています。

 

強い黒帯の先輩方の圧倒的なアタックに

TF横浜の皆さんと同じ様にエスケープしまくっています。

勿論一本も取られまくっています(笑

 

エスケープは粘りが命です。

気持ち的には

「取れるものなら取ってみろ」

位の気持ちで逃げましょう。

 

そして取られたら潔くタップしましょう(笑

無理は禁物です。

 

伊藤 英元
トライフォース横浜のクラススケジュールはこちらから。
http://www.tf-yokohama.com/#schedule

 

道場への道順はこちらを参考にしてみて下さい。
http://tf-yokohama.com/access/

 

無料体験についてこちらを参考にしてみて下さい。
http://triforceyokohama.hatenablog.com/entry/2016/12/13/154430